パリ。。。12月20日  晴れ  続き 3パリ。。。12月21日  晴れ  続き2

March 05, 2008

パリ。。。12月21日   晴れ

今日は風ダッシュの冷たい一日でしたね太陽

今日はお休み。。。色々とがんばりました力こぶ



ハートさてパリ7日目・・・最後の日は?・・・・

p1010682.jpg


6時起床

7時ご飯料理

ココで食べるのも最後です

壁のクリスマスの飾りに旅の友を飾って・・・

最後の日はゆっくり日記を書いていなくて、覚書のちいさな、黄緑色のノートをみながら・・・・・

今日はチェックアウトをして荷物はロビーに預かってもらいます
空港までのお迎えは3時に・・・・それまでパリの街を楽しみます笑顔

ベットに少しばかりの感謝を置いて・・・


パリの我が家は毎日寝に帰ったみたいで・・・
中庭もあるすてきなところでした

食事の後、少し探検!!


p1010685.jpg


今回私の妹が前に作ってくれたクロスステッチの小さなお針箱!!

パリのアイアンにぴったりですねまる

p1010687.jpg


p1010689.jpg


どこをとっても洋書の世界!!

p1010690.jpg


地下で毎日食事をしました
そこに下りる階段のクリスマスの飾り木

p1010692.jpg


白いヒヤシンス
いい香りでした
相棒もすまし顔です!!

ロビーにはピンクのヒヤシンス!!

ホテルを9時15分に出て。。。
サンラザールを過ぎオペラまで歩きました

今回の旅はいつもオペラから始まりオペラを中心に動いたいた感じです

そしてオペラからルーブル美術館へ


どうしても見たかった本物!!
地下鉄野階段を上り大きな建物の門をくぐるとありました
ガラスのピラミッド!!


p1010693.jpg


ココから中へ入ります

まず荷物チェックを!!
ながーーいエスカレーターで下へ降りていきます
お天気が良く寒いのか何本も飛行機雲飛行機が空に落書きしていました
ガラス越しの青空は今も印象的です

入場料を9ユーロ払って、日本語のパンフレットをもらい、中に入りました
ガイドブックには7.5ユーロだったので・・値上がりかな??
次に並んでいた若い日本人の男の子と値上げしたんですねなんて荷物チェックの間にお話してしまいました

後で日本語のパンフレットがあったとわざわざ2枚持ってきてくれました
いまどきの若い子でもおばさんに親切にしてくれるのですね拍手

お礼を言って。。若いうちに本物を見れるのはいいなぁ~~~と心で思いながら後姿を見送りました


壁にはモナリザの絵が書かれていて、矢印もありますが、なかなか見つからない時には椅子に座っている方にお聞きします

p1010695.jpg


『サモトラケのニケ』・・・どうしても会いたかったハート矢

力強くて、トテモ大きくて、私は台座に触れてしまいました
近くで見ている職員の方にマダムノウといわれましたが・・・
すみませんと誤りましたすいません

なんだか元気をもらったかんじ!!力こぶ

木で彫られていて(美ヶ原高原美術館のは白い石膏でしたから・・・・・)
その木目が綺麗です

船のへさきにつけられて勝利を導いていた
どんなお顔をしていたのだろうと・・・

ちなみにスポーツブランドの「ナイキ」はニケからとり、勝利にかけているとか!!

1周できるのでぐるりとしました。
私の背では台座にも届きませんでした

次にすすむにも何度も振り返りましたまる


p1010696.jpg


『モナリザ』

本当になぞの微笑みです
とても小さな絵でした

今回モナリザの後ろの背景をどうしても見たかったのですが・・・

モナリザだけはガラスの覆いがしてありそして縄が張られ・・・・
遠いところからみました
左から右から眺めましたがやはり良くわからなかったです

日本に帰ってからモナリザのモデルがイタリア。フィレンツの商人の妻だとうらずける証拠を発見したと新聞に載っていました

それによると名前は・・・リザ・ゲラルディーニさんだそう!!

なんだかぴんとこないですねはてな
これを発表したのがドイツのハイデルベルグ大学!!

3年前行ったドイツ・・・
ハイデルベルグ城に行き、大学の町だったなぁ~~~とつながったことにもびっくりしましたにっこり

p1010698.jpg


『ミロのビーナス』


女性の憧れですねドキドキ大
ちょうど日本のガイドさんがいらしてのでお話を聞きました

両手のところを釘で継いでいたために肌色に塗られていて青い目の印パ津だったと・・・・なんだか今のほうが素敵!!

それに胸は20代お尻、腰は50代とか一番綺麗な年齢を集めているといっていました


ルーブルを歩いてみて、凄い作品の数々だけど、トテモ身近に感じられました

模写をしている人がいたり、教授が講義をしていたり、大きな絵の前で皆で地べたのすわり説明を受けています

小さな子供達も本物を見て感じているのですね。

『民衆を導く自由の女神』も大きな絵で小さい私は反対の壁まで行かないと見渡せません

このお顔でアメリカの自由の女神は作られたのです
だからお顔をじっくりと拝見!!

とても美しい顔立ちで、オーラを感じましたキラキラ

美術の教科書の本物にお目にかかれて凄く凄くうれしかったです笑顔


日本の美術館ももっと身近に作品を感じられたら。。。もっと行きたくなりますねOK

こょうはココでおしまいです

また。。。。。ラブ






















at 23:28│Comments(0) PARIS  2007 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
パリ。。。12月20日  晴れ  続き 3パリ。。。12月21日  晴れ  続き2